信頼できる遺品整理業者を見分けるコツ

人が死亡したら葬儀を行い、いろいろな手続きをしなければなりません。

同居している近親者・親族・家族の場合は食器棚・骨とう品・美術品・家具・食料品・貴重品・生活花材・家電製品などを処分する量も少ないでしょう。

ですが最近は高齢化社会。

一人暮らしの高齢者が死亡して、その部屋が賃貸であれば、速やかに部屋を明け渡す必要があります。

ご遺族が遠方にお住まいの場合はプロの遺品整理業者に任せるといいでしょう。

実際に聞いた遺品整理業者あるある・・・http://grapee.jp/294558

今回のテーマは【信頼できる遺品整理業者を見分けるコツ】です。

■遺品整理を専門とする業者

最近は遺品整理専門会社だけではありません。

便利屋・不要品回収業者・引越し業者・運送会社などがサービスの一環として進出してきています。

サービスの内容・作業の進め方は業者によって違います。

中にはスピードとコストを優先して遺品の取扱が雑なケースもあります。

大切な貴重品を誤って廃棄してしまうトラブルもあります。

正式に依頼をする前に見積もりと内容をしっかりと吟味しましょう。

良い遺品整理業者は遺族側の気持ちをしっかりと理解してくれます。

十分に配慮しながら遺品を丁寧に仕分けしてくれるでしょう。

近親者が探しても見つからなかったものも探し当ててくれるのはさすがプロのノウハウがあるからです。

密かに所有していた高級品・骨とう品・箪笥貯金を発見してくれるケースも少なくありません。

■電話対応や接客態度が良い業者を使うことです。

料金のみを重視して選ぶのはトラブルの元。

あとで追加料金を請求されないように、しっかりと見積もりを取っておきましょう。